カーテンの遮光性と色

皆さんはいつの時間帯に家にいる事が多いですか。

主婦の場合にはずっと家にいるという事も多いかもしれませんね。

しかし、普段は学校に通っているという人や会社に行っているという人であれば、朝と夜だけ在宅で、あとは外出しているという事が多いかもしれません。

お昼に家にいる事が多い人は、結構カーテンが重要であったりします。

昼は外の新鮮な空気を取り入れたいと思う事もあるでしょう。あまり遮光性が高い物を選んでしまうと昼でも暗く感じられるかもしれません。

しかし、空けておいたら視線を遮る事ができないという事も考えられます。朝と夜だけ家にいる事が多いという人であれば遮光性が高いカーテンを設置するのもいいかもしれませんね。

無地のカーテンは、お部屋のインテリアカラーコーディネートがしやすく、比較的安価で購入できます。赤は食欲や積極性を高め、緑は安らぎや疲れを癒す効果があり、青は冷静さや涼しさの印象を与えます。

オレンジは温もりや気分を明るくさせる効果があるなど、色によってさまざまな心理効果がありますので、お部屋のイメージに合わせて色を選びましょう。