プリーツスクリーン

おおまかな形、用途などはロールスクリーンと同じですが、ロールスクリーンは引き下げたときにツルっとした平面になるのに対し、プリーツスクリーンはギザギザのヒダが入った状態になります。
”プリーツ”は英語で”ヒダ”という意味のようです。

スクリーンを引き上げたときは、クルクルっと巻かれるのではなくヒダの形に沿ってたたまれる感じで収納されます。

ロールスクリーンとブラインドの中間と思っていただけると想像しやすいかもしれません。

ヒダの雰囲気が和風に感じられることもあり、和紙を使ったプリーツスクリーンで和室などに利用される場合が多いようですが、カラー、生地によっては洋室にももちろん馴染みます。