ロールスクリーン

上下に開閉するという点ではプレーンシェードツインシェードと同じですが、一番の違いは「スクリーン」だという点です。

プロジェクターなどの機械を使って映像を映し出すスクリーンを想像してもらえればわかりやすいと思いますが、ツルっとした表面で、カーテン生地とは少し違います。

開閉の仕方にはプルコード式とチェーン式の二つがあり、スクリーンを本体に内蔵されたスプリングを利用してクルクルっと巻き取ります。

プルコード式は中央あたりに紐があり、それを軽く引くと巻き取ることができます。
チェーン式は左右どちらかにチェーンがあり、それを手で引くことによって少しずつ巻き取っていきます。

それぞれ一長一短はありますが、部屋をスッキリ見せるという点ではロールスクリーンは非常に効果的です。